文化庁AFF2申請サポート概要

2021年度、株式会社Locatellでは6団体の方々に文化庁 令和2年度第3次補正予算事業 ARTS for the future! (以下AFF)の申請から報告までをサポートさせていただきました。

そこで感じたのは、音楽家だけで書類作成を行うことの難しさ。

長い要項を読まないといけないだけではなく、準備しなくてはいけないことが煩雑なことから、申請を諦めた人も多かったようです。

また、新規で任意団体を設立すると税務署や市町村に出す書類もあり、演奏活動をしている音楽家には大変な負担となります。

その負担を一気に解消するのがAFF申請サポートサービスです。

【NEWS】2022年5月27日現在 8団体をサポートしております。

利用してくださった方のお声

昨年利用してくださった方からは嬉しいお声をいただいています。

音楽家の気持ちを分かってもらえるという安心感があった。難しく感じていた部分をお願いできた

1人でやってたら絶対気力が持たなかった。いつも支えてもらって本当に感謝しています

申請に必要な書類だけでなく、源泉徴収税、支払調書、確定申告のこともきちんと案内してもらえたので、サポートしてもらえて良かった!

こんな悩みはありませんか?

  • AFFに応募したいけど、1人でできるか不安
  • 任意団体の作り方が分からないのでサポートしてほしい
  • やりたい公演があるけれど、公演開催にどのような社会的意義があるか?文章でうまく表現することができない
  • 税務署へ提出しなければいけない書類提出をサポートしてほしい
  • 自力で出来る部分はやりたいが、なるべく演奏活動に時間を使いたい

合計金額4,200万円の交付決定をサポートした実績

2021年のAFFでサポートした団体は6団体。交付通知を受けた総額は4,200万円になります。
団体を新しく設立される方、既に団体を設立されている方、どちらもサポート可能ですので、安心してお任せください。

区分団体数
区分I (上限600万円) 4団体
区分II (上限1000万円)2団体
団体の種類団体数
新規設立団体3団体
既存団体3団体

料金

AFF2の補助金が目指すところである、コロナ禍で本当に困っている人の元へお金が届けるため。

そして、音楽家のチャレンジしたい気持ちに寄り添う値段設定を行なっています。

・手付金:35,000円(税込)
※手付金は申請終了後にお支払いいただきます。
・採択時の手数料:交付決定金額の10%(税込)
(例)交付決定額が500万円(税込)の場合→50万円(税込)

※弊社が行えることは書類作成の相談サポートであり、実際に書類を作るのは申請者ご本人様になります。

源泉徴収税、支払調書、確定申告など音楽家の皆様にとって分かりにくいと感じられる部分に関しても丁寧にご案内します。

例えば、公演を主催する団体として新しく任意団体を設立したものの、税務署に収益事業開始届出書等の書類を出せておらず、出演料やデザイン料に対して源泉徴収税の処理が出来ていない団体があったり、都道府県や市町村に法人設立届出書を出せておらず、法人税を払えていない場合もあるのが現状です。
そのような事がないように、申請書や報告書作成以外の書類のご案内までしっかりとサポートしています。

公式LINEにご登録ください

AFF2の申請サポートを依頼しようか迷っている方も、依頼を考えてくださっている方も、まずは下記の公式LINEに登録してください。

音楽家の皆さんが演奏に集中できる時間を増やし、より良い公演をつくるお手伝いができれば幸いです。